美白化粧品 脇の黒ずみ

美白化粧品は脇の黒ずみを解消するのに最適

bihakukesyouhin

肌にはメラノサイトと呼ばれる色素細胞があり、これは肌が刺激を受けることで活性化しメラニン色素を生み出します。そのため、刺激を多く受けている部位ほど、メラニン色素が増えることで肌の色が濃くなります。

 

脇の黒ずみは、これが原因のひとつとなっています。
腕の付け根にある脇は、胴体や衣服と擦れることが多く、その分受ける刺激も多いのです。
また、シェイバーなどで脇のムダ毛を日々剃っている人の場合、それによる刺激も受けやすいと言えます。

 

こういった黒ずみは、美白化粧品の使用で薄くしていくことが可能です。
美白化粧品には、メラニン色素を減らす力を持つ、様々な美白成分が配合されているからです。

 

たとえばビタミンC誘導体やフラーレンやルミキシルといった美白成分には、メラニン色素が作られることを防ぐ力があります。またハイドロキノンは、作られたメラニン色素を薄くできる美白成分です。

 

これらを脇に使うことで、黒ずみは少しずつ解消されていきます。
作られる量が少なく、色合いが薄ければ、肌はこれ以上は色濃くなりにくいですし、やがてはターンオーバーによってメラニン色素そのものが脇から排出されていくからです。

 

ターンオーバーと、それを促進させる美白化粧品

 

ターンオーバーとは、不要になったものを肌から除去するという、体の機能のひとつです。
肌はこのターンオーバーによって、余分なものを頻繁に切り離しています。

 

たとえば入浴時に肌から落ちる垢、怪我が治ることで剥がれるかさぶたなどは、ターンオーバーによるものなのです。そのためメラニン色素もまた、古くなって体に不要とみなされれば、ターンオーバーによって消えていくわけです。

 

また美白化粧品の中には、このターンオーバーを促すものもあります。
具体的には、酵母エキスやプラセンタエキスが配合されている美白化粧品が、このタイプです。

 

これらを使用すると、脇では新しい肌が作られやすくなります。
すると体は、古くなった肌を不要とみなし、積極的に排出していこうとするのです。

 

新しい肌は、当然受けている刺激がまだ少なく、メラニン色素も多くは含んでいない状態です。
そのためターンオーバーを進めれば進めるほど、脇のメラニン色素は減り、黒ずみは薄くなっていくと言えます。

 

もちろん美白化粧品を使っても、脇に刺激を与え続けていたのでは、意味がありません。
新しいメラニン色素が次々に作られるため、元の木阿弥となるのです。

 

そのため脇の黒ずみを美白化粧品で消す場合、刺激を与えないようにする工夫も必要となります。
そうすることで、一層高い美白効果が期待できるようになるのです。

 

脇の黒ずみを治すならこちらもおすすめです。「脇の黒ずみ治し方 | 簡単に脇をキレイにする方法