ヒザ 黒ずみ

ヒザの黒ずみの原因、改善させる対処方法

hiza

 

ヒザの黒ずみは足を出す時に目立ちますから、黒ずみが気になってスカートが履けないという方もいらっしゃいます。ヒザというのは曲げ伸ばしの回数が多いですから、どうしても黒ずみができやすい部分です。

 

まず、ヒザは汗腺や皮脂腺が少ない部分ですし曲げ伸ばしで負担がかかりやすく、肌がダメージを受けて乾燥しやすいです。

 

また、衣類との摩擦が起きやすいですから、刺激がヒザに加わってしまって黒ずみになりやすいです。
足を組むだけでもヒザの黒ずみの原因になりますし、スリムなパンツを履くだけでもひざがこすれて黒ずみの原因を作ってしまいます。

 

ヒザの黒ずみの正体とは

 

ヒザの黒ずみの正体は角質が厚くなったものと、メラニンによるものの2つのタイプがあります。

 

皮脂の分泌が少ないひざは乾燥すると角質が厚くなりやすく、古い角質が積み重なって黒ずみになってしまいます。

 

また、衣類とのこすれや肌への刺激でメラニンが作られてしまって、色素沈着してしまうと黒ずみになってしまいます。

 

角質が原因の黒ずみ対策

 

角質が厚くなって黒ずみになったタイプの場合は、角質を取り除いてあげるだけで大丈夫です。
シュガースクラブなどの肌に負担のないスクラブを用いて、定期的にひざの角質ケアをしてあげましょう。

 

古い角質がなくなるだけでひと皮むけたようにきれいな肌が顔を出してくれて、つるつるの色白肌になれます。また、原因は乾燥によるものですから、日々の保湿ケアをしっかりと行いましょう。

 

メラニンが原因の黒ずみ対策

 

メラニンが原因の黒ずみの場合には改善するまでに多少時間がかかります。
一番効果的なのはボディケア用の美白化粧品を使ってケアしてあげることです。参考:脇の黒ずみ治し方

 

美白成分が肌から浸透してくれて肌の奥のメラニンを抑えてくれますから、少しずつ黒ずみが薄くなってくれます。ただ、色白肌になるまでには時間がかかりますから、長期スパンで美白ケアをしていくのが大切です。

 

また、黒ずみの大元の原因は衣類とのこすれやヒザへの刺激ですから、これを改善しなくては黒ずみはなくなってくれません。スリムなパンツを履くのを止めて、ゆとりのあるタイプのものを履くようにしましょう。

 

足を組んだりひざ立ちをする習慣を改めて、少しでもひざにダメージを与えない生活を送るようにしましょう。

 

お風呂に入っている時も要注意です。ひざの汚れを取ろうとゴシゴシ洗ってしまうとそれだけでひざにダメージが加わりますから、優しく丁寧に洗うのが基本です。

 

極力ひざに刺激を与えないようにして、それぞれの黒ずみタイプに合ったケアを継続していくのがヒザの黒ずみを改善する効果的な方法です。