女性ホルモン 黒ずみ

黒ずみの原因は、女性ホルモンが関係していた

妊娠黒ずみ

出産を経験された方はご存知だと思いますが、妊娠中や出産後に乳首やデリケートゾーン、妊娠線などに黒ずみができる経験をされた女性も多いと思います。

 

また、脇や肘、膝なども妊娠前に比べて黒ずみが濃くなってきたな、なんて感じる人もいるのではないでしょうか。

 

なぜ、妊娠中や出産後に体の部分に黒ずみを感じるのか?
それは女性ホルモンの影響が原因となります。

 

女性は妊娠すると、出産に向かって体が強くなっていきます。
デリケートゾーンは特に子供が生まれてくる箇所なので粘膜を強くする必要があります。
乳首は、出産後に新生児が母乳を吸うために粘膜を強くなります。

 

そういったデリケートな箇所が強くするために、女性ホルモンが働きだして体内にあるメラニンが発生し、黒くなり粘膜守ろうとするのです。

 

また、個人差がありますが脇や肘、膝などもその影響を受ける女性もいます。
妊娠すると黒ずみができやすくなるのはその女性ホルモンによってメラニン色素が沈着するからなのです。

 

 

出産後の黒ずみは治る?

 

一度妊娠すると黒ずみは治らないの?と心配されるかもしれませんが、
出産後は徐々に色素が戻っていきます。
どれくらいの期間で戻っていくかは個人差があります。

 

黒ずみの悩み

デリケートゾーンは、自然に戻っていきますが、
乳首に関しては、新生児が母乳を吸うために
すぐにピンク色に戻ることは期待できません。

 

しかし、出産を終えて、育児も落ち着いてくれば
女性ホルモンも落ち着いてきますので、色素も戻ります。

 

これも個人差があり、完全に元のピンク色に戻る方もいれば、
少し黒ずみを残したままになる女性もいらっしゃいます。
少しの黒ずみは、出産を経験されたなら仕方がないことなのです。

 

どうしてもそういったデリケートゾーンや乳首の色をピンクにしたいと
思われるならば、ヴァージンピンクと呼ばれる美容品なども販売されていますので
一度チェックされてみてもいいかもしれません。

 

 

2種類の黒ずみのタイプ

 

黒ずみには、そういった妊娠や生理などの女性ホルモンの影響で一時的に
皮膚が黒くなるタイプと、外的要因で黒ずむ2種類のタイプが有ります。

 

外的要因とは、外部の刺激のことですが、
主に脱毛処理など衣服の擦れなどによって黒ずみが起こります。

 

メラニン色素

例えば、脇の毛を抜くために毛抜きで抜いたり、
カミソリで剃る、除毛剤などを頻繁に使用することで
皮膚や毛穴奥が刺激を受けて、細かな傷がついてしまうのです。

 

その刺激から皮膚を守ろうとメラニンが発生して黒ずんでしまいます。
無駄毛のある脇やデリケートゾーンの自己処理を行っている女性は、
それらの箇所に黒ずみができてしまう傾向にあるのです。

 

これが外的要因で脇やデリケートゾーンが黒ずむ理由です。

 

女性ホルモンの影響で黒ずむタイプは上記で述べたとおり、
自然に元に戻ることがありますが、
外的要因は、放置していてもすぐに元に戻ることが少ないです。

 

そういった刺激を受けてできる黒ずみに関しての対処法としては、
出来る限り自己処理での脱毛などで皮膚への刺激を避けること。
そして、皮膚に潤いを与えて健康な肌の状態に戻すことが必要です。

 

その為には黒ずみ専用のスキンケアなどを使用して、
肌に栄養を与えて新陳代謝を促し、元の皮膚色に戻すことを心がけましょう。

 

出産前後の脇の黒ずみでお悩みならこちらの記事も合わせてお読み下さい。