脇汗 黄ばみ

脇汗の黄ばみの原因

黄ばみ

白いTシャツやYシャツを着ると、いつも脇の部分に黄ばみができる。
選択してもなかなかとれな黄ばみの原因は何なのか?
そいった事で悩んでいませんか?

 

脇に汗をかくと、決まってできる黄ばみの正体は?
その原因は一体何なのでしょうか?

 

脇は身体の中でも特に汗をかきやすい箇所。
その理由は、脇には汗が出る汗腺があるからなのです。

 

脇汗がでる汗腺には、エクリン腺アポクリン腺の2種類があります。
その2種類には大きな違いがあります。

 

まず、エクリン腺から出る汗は、塩や水だけで無臭のもの。
逆に、アポクリン腺からでる汗は、黄ばみやワキガの原因になります。

 

アポクリン腺は、脂質や脂肪酸、たんぱく質や糖質、など様々なものが分泌されます。
その中に、リポフスチンという色素も入っているのですが、
それが脇の黄ばみを作る原因となります。

 

また、アポクリン腺からでる脇汗は、黄ばみだけではなく、
細菌が繁殖しやすくなるのでワキガの原因にもなります。

 

脇汗に黄ばみがあるからといってワキガでないですが、
ワキガの方は、脇が黄ばむことはよくあることなのです。

 

 

服の脇の黄ばみを取るためには

 

脇の黄ばみは選択しても、なかなか落とすことが困難です。
黄ばみは非常に落としにくい色素ですので、一度付いてしまえばかなり厄介な状況になります。

 

黄ばみを付けたくないならば、マメに選択することが必須です。
1日その服を着たならば、かならず毎日洗濯することを心がけましょう。

 

また、しつこく残ってしまった服の黄ばみを落としたいならば、漂白剤を使いましょう。

 

漂白剤は様々な種類が販売されていますが、お勧めなのが酸素系の漂白剤。
塩素系ではなく酸素系の漂白剤を使用することが重要。

 

黄ばみの部分に漂白剤を数十分から数時間浸け置きしたり、
場合によっては、ゴム手袋をして手もみで汚れを落としましょう。

 

それでも黄ばみがとれない場合は、漂白作用の強い重曹と液体酸素系漂白剤を使う方法もあります。
詳しくは省略しますが、気になる方は「脇の黄ばみ 落とし方」などで検索してみてください。