黒ずみ 食べ物

肌の黒ずみやくすみを改善に導く食べ物で自然治癒

 

jyosei-seibyou

肌トラブルがあった時に、あなたは肌の外側から治しますか、それとも体の中から治しますか。
多くの方が、外側から治した方が早いので、そうしているかと思いますが、根本的な問題は、体の中から治すのが1番です。
そこで、ここでは、肌の黒ずみやくすみをなくす食べ物をご紹介したいと思います。

 

ビタミンCはお肌に効果的

 

お肌に良い栄養素と言えば、ビタミンCを思い出す方は多いですよね。
これは、肌のトラブル全体に効果的で、言ってしまえば、これを摂らないと、肌は良い状態に保てないのです。
黒ずみやくすみにももちろん効果的で、肌にみずみずしさを取り戻してくれますし、肌のトーンを明るく保ってくれますから、見た目年齢がぐっと若返ります。
そんなビタミンCを多く含んだ食材として有名なのが、レモンやキウイです。
簡単に摂り入れたいという方は、ローズヒップティーがおすすめで、レモンの20倍のビタミンCを含んでいる、おすすめ食品です。

 

タンパク質はお肌にも不可欠

 

人間のエネルギーの源ともなるタンパク質は、人間が健康に生きていくために不可欠な栄養素です。
ということは、もちろん、お肌にも必要な栄養素で、どんな肌トラブル時にも必要なものとなってくる保湿効果の高い栄養素でもあります。
たんぱく質というと、お肉やお魚を想像するでしょうが、もちろんこれらも必要です。
しかし、お肉に関しては、消化効率の悪い食材としても知られており、あまり食べ過ぎると、肌トラブルの原因となりますので、適度に食べるようにしてください。
特に、豚肉は疲れもとるのでおすすめですよ。
他には卵や乳製品がおすすめで、これらは実はビタミンも豊富に含まれているので、たんぱく質と合わせてダブルでくすみや黒ずみを抑えてくれる効果があります。

 

血液を作る鉄分も肌には必要

 

血液とお肌というのも大いに関係があります。
特に、黒ずみやくすみというのは、鉄分が不足する(つまり、貧血状態)と、できやすくなってしまいます。
血液が足りなくなると、顔の血色も悪くなり、青ざめた顔になりますが、それによって老けて見られてしまいますし、肌に充分な栄養が行き届かないので、肌トラブルの原因となります。
ですので、ホウレン草やレバーなどはもちろん、海藻類などにも多くの鉄分が含まれていますから、そういったものを定期的に食べるようにしましょう。

 

体の中から改善して黒ずみやくすみを治したい方に、上記のような食材がおすすめです。

 

体からの黒ずみ対策の準備が整えば、次は外部からの黒ずみ対策を行いましょう。
黒ずみに効果的なスキンケアを使用すれば、より早く効果的に黒ずみを解消できます。詳しくはこちら:脇の黒ずみ治し方 | 簡単に脇をキレイにする方法