メラニン色素とは

メラニン色素の役割とは

肌のシミや黒ずみ、これらの原因はメラニン色素の影響です。
女性にとってはメラニン色素は美容の天敵と思われがちですが、
メラニンにも人間にとって必要な役割があるのです。

 

メラニン色素は、肌を紫外線や刺激から守る働きがあります。
この働きが無いと、皮膚の奥に紫外線が入り込んで
炎症を起こしたり水ぶくれなどの肌トラブル招くのです。

 

一概にメラニンが悪いというわけではなく、
皮膚を守る役割があるので、人間にとって必要な色素なのです。
では、黒ずみやシミに関して何が肌によくないのでしょうか?

 

健康な肌と不健康な肌

 

メラニン色素は、健康な肌の状態であれば日にちが経つにつれて消えていきます。
ここで、大事なことは健康な肌の状態である、ということです。

 

どんな人でも、メラニン色素の影響は受けていますが、
問題なのは、その肌が健康的な状態、不健康な状態、どちらかということです。

 

例えば、紫外線を浴びた皮膚は、メラニン色素によって黒ずみます。
ここで、健康な肌であると次第に元の肌色に戻っていきます。

 

しかし、肌が不健康な状態ですと、そのメラニン色素が排出されず、
色素沈着を起こしてしまうのです。

 

メラニン色素が沈着した肌は、肌が生まれ変わるターンオーバーによって外に排出されます。
しかし不健康な肌であると、このターンオーバーが正しく作用しません。

 

つまり、肌の黒ずみや、シミができるのは、
メラニンを排出する働きをしない不健康な肌に原因があるです。

 

 

不健康な肌とはどのような状態?

 

それは乾燥や、皮脂や古い角質の詰まりなど。
特に肌の水分が放出された乾燥肌ですと、メラニン色素が残りやすく
黒ずみを引き起こしてしまうのです。

 

肌のターンオーバーを正常に働かせるには、
肌の保湿や栄養を与えて、健康な状態にする必要があるのです。

 

そうすることによって、発生したメラニン色素が排出されていき
もとのキレイな肌に戻ります。

 

黒ずみやシミを消したい、無くしたいと思うのであれば
肌をケアすることが非常に重要になるのです。

 

今では、肌に美容成分や保湿成分を与える美容液や化粧水など
様々なスキンケアコスメが販売されているで、
肌の色が残っていなと感じたら、そういった美容品でケアすることを意識しましょう。