年齢 黒ずみ

年齢によって黒ずみは取れにくい

年齢と黒ずみ

10代や20代の年代では、身体の肌に黒ずみができたとしてもすぐに改善されていたけど、30代や40代に近づくにつれて、黒ずみの色素が取れなくなります。

 

脇やひじ、ひざ、バストなどの黒ずみだけではなく、
くすみやシミができるとなかなか消えることはありません。

 

早く治したい、黒ずみやシミを消したいと思っても、
年齢を増すにつれて、改善される早さも変わってくるのです。

 

それは、年齢を増すごとに若い肌の肌の働きが衰えていくから。
では、その原因と対処法について説明します。

 

 

年齢を増すと肌の新陳代謝が衰える

 

シミ

なぜ、年齢を増すごとに黒ずみやシミが取れにくくなるのか?
それは、肌の新陳代謝の影響です。

 

10代20代の年齢は、肌年齢も若く頻繁に新陳代謝を繰り返します。
肌の新陳代謝はぞくにターンオーバーとよばれますが、
皮膚が古いものから新しいものへと生まれ変わることを指します。

 

しかし、個人差はありますが20代後半辺りからその肌の新陳代謝が
衰え始めて、黒ずみやくすみが取れにくくなるのです。

 

若い頃は、シミなど肌の事を考えずに日焼けしていたけれど、
年齢を増してから紫外線を浴びるような日焼けをすると、
なかなか肌の黒さが取れなくなったり、シミができるのは新陳代謝が衰えているからなのです。

 

残念ながら肌の新陳代謝を若かりし頃のように自然と戻ることはありません。
しかし、諦める必要はありません。

 

 

肌年齢の衰えを予防する方法

 

保湿

若い頃のように肌の新陳代謝を促進させる為には、
スキンケアで衰えを防ぐことができるのです。

 

肌年齢が高くなると、肌の水分量も抜けていき乾燥しやすくなります。
肌の新陳代謝を活発にさせる為には、肌を保湿して常に潤すことが大切。

 

化粧水や保湿液、乳液などの美容液を使って常に保湿することを心がけましょう。また、身体の箇所によってはパックを使ったり、ジェルを使用したりして、肌を健康な状態にすることが肝心。

 

肌は保湿されることによって、本来の肌の働きを正常に行い新陳代謝も活発になっていきます。

 

年齢を増して、黒ずみやくすみがとれない、シミができて困っている、そういった悩みがあるならば、まずは肌を保湿して健康な状態を保ちましょう。

 

年齢が高くなれば、正しくスキンケアを行うことが、いつまでも若い肌をキープする秘訣なのです。
黒ずみを解消するには、どのようなスキンケアを使えばいいのかお悩みならば、コチラの記事を合わせて御覧ください。